私の薄毛対策と最終手段について

ここ数年で、薄毛を強く意識するようになってきました。育毛シャンプーや育毛剤を使って薄毛対策を実行していますが、なんとなく効果が出ているような感じはあるものの、このままでは薄毛の進行を止めることはできないように感じています。まだまだ時間に余裕はあるので、自分なりの薄毛対策をしようと考えていますが、自分なりに薄毛が進行してしまったならばどのように対処するのか最終的に2つの方法があると思っています。
一つ目はコストがかかるのを覚悟して薄毛専門の医療機関を受診することです。薄毛の治療は健康保険が適用されることはありませんから、コストはそれなりにかかることは間違いないでしょう。それでも確実に薄毛に効果があるとはいえないのですが、自分の髪の毛を生えるようにするということでは医療機関にかかることがもっとも合理的であるのは間違いないでしょう。自己流で高価な育毛剤を使った薄毛対策は意味があまりないように思います。
もう一つはスキンヘッドにしてしまうことです。スキンヘッドであれば薄毛も何もありません。ファッションの一環として考えればいいのですから根本的に薄毛を解消できると言っていいでしょう。しかし、これも大きな問題があります。それはスキンヘッドが自分にとって似合うのかどうかです。全くに似合わないということになれば、スキンヘッドにすることは諦めることになるでしょう。ただし、スキンヘッドがそれなりに似合うということになればこちらの選択が優先するかもしれません。